深堀の下里

最近話題になることも多いインプラントですが、これは若干特殊な治療法であり、難点もあるということに気を付けてください。

それは、誰にでも適用できる治療法ではないということです。

インプラント治療をご検討の方は知っておいて下さい。

インプラント手術では、まず顎の骨に穴を開けて人工歯根を埋め込む必要があります。

糖尿病や心臓病を抱えていて免疫力・抵抗力に難のある方や、顎の骨の強度に問題があったり、既に骨がなくなっているなどの方も、インプラントの利用が不可能と診断されるケースがあり得ます。

そのような場合は別の方法に頼るしかありません。

年々進化を続けるインプラントの技術。

近頃では、インプラント治療の失敗や不具合はほぼ無くなってきましたが、今でも僅かながらトラブルの可能性はあります。

埋め込んだ人工歯根が骨と十分癒着していなかったりして、硬いものを噛むと歯がグラグラしてしまうといった不具合が起こる可能性もあるのです。

これは、インプラント手術の経験が浅い歯科医が担当していることが要因となっています。

インプラント手術の経験と実績のある歯科医院を、ネットの口コミなども利用して選びましょう。

治療ではインプラント埋入手術が一番の山ですが、部分麻酔が使われ、麻酔のために入院することはまずありません。

麻酔が効きにくいケースや、血液系や循環器系の持病があるケースでは安全を期すため、入院を求められることもあります。

そして、インプラントを埋入する箇所に、十分な厚さの骨がないケースでは、第一に骨を形成しなければなりません。

自分の骨を採取して、骨が薄い箇所に移植するケースでは、入院することや、複数の病院で手術することもあります。

グライバルの口コミが凄い!効果は本当か?
このような難しい治療を行う場合、治療は主治医とよく話し合い、計画的に進めていってください。

インプラントは歯根部がチタン製であることが多く、骨との親和性が高くアレルギーの発症例も少なくなっています。

もちろん、治療を始める前にはCT検査、レントゲン検査、口腔内検査など検査を綿密に行い、その上で治療方針を決めて治療に取りかかるため納得した上で治療を始められます。

一通りの治療が終わったあとは、メンテナンスを患者と歯科医が連携して進めていくことで、安全で、快適な使用が続くことを期待できます。

長年放っておいた虫歯があり、とうとう抜歯を迫られました。

ブリッジという選択肢もありましたが、インプラントにもできるということで、メリットとデメリットを説明されてインプラントの方が良いと考えました。

結構な費用がかかるデメリットはありますが、自分の歯に近い使用感があるとのことでした。

手術して、だんだん噛めるようになり、間もなく隣の歯と同じように使えたのでインプラントにして良かったと思いました。

気になるインプラント手術の内容とは、「インプラント(埋め込む)」という意味の示す通り、穴を開けた顎骨に金属製の人工歯根を埋め込み、そして専用のパーツを用いて義歯を固定するという手術です。

手間や費用は非常にかかりますが、そのぶん審美性は高く、また食べ物の咀嚼も自然に行うことができます。

インプラント技術は年々進化していますが、そこには歯科医や歯科技工士の極めて高い医療スキルが物を言うといわれています。

患者さん一人一人の口腔内の状況に合わせた高度な施術であり、医療費は高額ですが効果はそれに見合ったものです。

成功すれば満足感が大きいインプラント治療ですが、それと裏腹のデメリットもあります。

まず、ほとんどの場合、他の歯科治療より費用がかかります。

ケースによっては数十万円の負担になるケースもあるのです。

あとは、治療が失敗したとき、健康被害が起きると、かなり深刻化する危険性も承知しておいてください。

障害が残るばかりか、治療によって死亡したケースもありました。

喫煙が、インプラント治療の成否に及ぼす影響は小さくないと覚悟してください。

インプラント治療の完了までには数ヶ月みるべきですが、埋入手術後、周辺組織が回復して、人工歯根とあごの骨がしっかりつながることがその後の治療に関わる重要な問題です。

そのプロセスにおいて、タバコに含まれるニコチンや一酸化炭素、その他の物質は確実にマイナスの作用があります。

快適に使えるインプラントを手に入れたいなら、思い切って、治療が終わるまでの間は禁煙あるのみです。

歯科医によっては、この患者にはインプラント治療を適用できないとして失敗の可能性が高いため、治療できないといわれることもあるのです。

でも、断った理由として「あごの骨の強度や厚さが十分でない」だの「あごの骨に幅の余裕がない」などのことであれば治療を断念するのは早すぎるかもしれません。

最新の設備を備え、最新の技術を持った歯科医がいれば少し前なら、インプラント治療はできなかったケースでも治療可能になっています。

現在可能な最先端の治療が受けられるかどうか、探すことが必要です。

「インプラントとクラウンの違いは何?」という疑問の答えは、自分の歯根によって、あごの骨と結びついているかどうかの問題です。

虫歯などで、歯の損傷が激しくても、歯根部が健全であれば自分の歯根を支えとして、義歯をかぶせられるので、クラウン治療が可能になります。

これに対し、抜歯した後は、入れ歯を避けたり、できなかったりすれば、失った歯根を補うため、人工歯根を埋入するインプラント治療を検討することになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です