森本と正田

重度の虫歯になってしまい、抜歯しか打つ手がなくなってしまったのです。

ブリッジという選択肢もありましたが、インプラントにすると、このようになりますよと説明され治療を受ける決心がつきました。

結構な費用がかかるデメリットはありますが、安定して噛むためにはインプラントの方が良いといわれました。

治療後、噛めるようになると、ほどなく虫歯だったもとの歯よりも、ずっと良好な使用感になってきたのでインプラントにして良かったと思いました。

これからインプラント治療を始めようと決めても、どのくらい費用がかかるか心配だと思います。

この治療の費用は歯科医院それぞれでずいぶん違っています。

なぜなら、インプラントは保険適用外がほとんどで、費用を自由に決められるのが建前です。

大まかな相場はありますので、心配しないでください。

歯一本分のインプラントで、40万円前後が一般的です。

歯科で手術の経験がない方は、インプラント埋入手術にあたってどんな痛い手術なのだろうと思うかもしれません。

インプラント埋入手術では、術中、強い痛みを感じることはないと思ってください。

麻酔が効いたことを確認した上で手術するのが普通だからです。

麻酔が切れた後で、腫れてきたり痛くなってくることもあります。

化膿止めとともに、痛み止めも処方されていますので激しい痛みが長く続くことはあまりありません。

骨に人工歯根を埋め込んで義歯を被せるインプラントの耐久年数は基本的に一生と説明されることが多いようですが、現実的には、施術後のセルフケアと、担当医の技量によっても変わるようです。

ろくに歯磨きもしないでいると、せっかくのインプラントもすぐに劣化してしまいます。

また、歯槽膿漏などの口腔内の病気にかかってしまうと、人工歯根の土台となっているアゴの骨も弱ってしまい、義歯の耐用年数自体が縮められ、場合によってはインプラント治療のやり直しも必要になります。

がんばって終わらせたインプラント治療も、治療が終われば後はほっておいて良いわけはなく、不断のケアが求められます。

日頃から丁寧に歯みがきを行い、プラークコントロールを継続した上で定期的な検診を欠かさず継続することが欠かせません。

人工物のインプラントでも、ケアが行き届かなくなると歯茎に異常が起こり、歯周病などにかかることはよくあります。

1本から2本の欠損した歯に対して、インプラントもブリッジも適用できますがインプラント治療は、あごの骨を削って穴を開け、人工歯根(インプラント体)を埋入し、それが落ち着いたところで上に義歯をつけます。

ブリッジ治療とは、欠損した歯の両隣に残った歯を一回り削った後で、上にブリッジをかぶせていきます。

審美性を考えた場合、インプラントとブリッジを比較して、インプラントの方が高い評価を得るでしょう。
モテフィットの口コミや効果が凄い!本当?徹底検証!

さらに、ブリッジ治療を選ぶと、ブリッジのために両隣の歯が犠牲になるという覚悟もしなければなりません。

失った歯を再生する治療は何種類もありますが、インプラント治療の問題点は治療に失敗した場合、再度同じ治療を行えなくなる点です。

他の入れ歯やブリッジ、クラウンといった義歯と違う点として、インプラントをあごの骨に埋入し、組織を作って定着させる治療なので何らかの理由でインプラントと骨がなじまず、骨の中にインプラントが埋まらなければ再び手術を行って骨をさらに削って修復するという治療しかなくなります。

そして、インプラントの埋入にはあごの骨を削るので、埋入部分周辺の神経損傷というリスクもあるのです。

治療ではインプラント埋入手術が一番の山ですが、部分麻酔が使われ、入院して手術することはまれです。

麻酔が効きにくいケースや、血液系や循環器系の持病があるケースでは歯科とはいえ、入院の必要も出てきます。

また、インプラントを支えるだけの強度を持った骨がないとすれば、まず骨を形成する手術が必要です。

腸骨など自分の骨を削り出し、移植する場合、入院が必要になることもあるので、注意してください。

これらのケース、その他の困難なケースであれば信頼できる歯科医とよく話し合った上で、治療計画を立てていってください。

インプラント治療にある程度の実績がある歯科医院で、外来診療を受けての普通のインプラント治療の中でも、どうしても院内感染のリスクは伴います。

このため、歯科医院を探すときに院内感染対策をどうしているかきちんと知ることが命に関わる大事な問題です。

感染症対策について、具体的な取り組みをホームページ内で述べている歯科医院もごく普通になっているので、まずはそこを見てください。

インプラントは人工歯なので虫歯になる可能性はゼロですが、歯周病には気をつけてください。

インプラント治療そのものが終わっても、アフターケアは大事で、インプラントの土台を維持するために、毎日の歯みがきと定期検診やクリーニングはずっと続きます。

しかし、インプラントを入れたところに腫れや出血がみられた場合、インプラント周囲炎を疑ってください。

さらに深いところまで感染する可能性もあるため一日でも早く歯科医の診療を受けましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です