永田だけどキーファ・グラン

差し歯とインプラントはどう違うのでしょうか。

決定的な違いは、差し歯は自前の歯が残っていなければ使えないことです。

差し歯は、天然の歯や歯根を利用して、そこに金属の土台を埋め込みます。

なので、完全に歯を抜いてしまった部分には、原理的に差し歯の施術は不可能なのです。

ボディセンスって凄く効くの?効果と口コミを徹底解析!
さて、そこでインプラントですが、これはインプラント体などと呼ばれる人工の歯根をアゴの骨の中に埋め込み、そこに義歯を被せるという手順で施術が行われます。

原則として保険は使えないので費用はかかりますが、自前の歯がない場合でも施術が可能なのがインプラントの特長ということになります。

インプラント治療が難しいとされる最大の理由は、失敗したとき、やり直しはほとんどあり得ないという点です。

自分の歯にかぶせるクラウンやブリッジと異なりインプラントをあごの骨に埋入し、組織を作って定着させる治療なので時間をかけてもインプラントと骨の間に組織が形成されず、骨とインプラントがしっかり結びつかなければ、再度、大がかりな手術を行ってはじめの手術時より、大きく骨を削る羽目になります。

そして、インプラントの埋入にはあごの骨を削るので、周辺の神経を損傷する危険性もあります。

インプラント治療を検討している方、大事なのはどんな歯科医にかかるかです。

この治療独自の技術を身につけた歯科医であるかは当然として、手術前の検査や、治療方針の立て方、アフターケアなど歯科医の技量は厳しく問われるのでかなり治療実績には差があると考えられます。

インプラントの場合、歯科医による治療成績の差が特に大きい治療法なのは明らかで、歯科医選びに全力を尽くすことが治療全体の大きな部分を占めます。

どんなインプラントも虫歯になる可能性はゼロですが、歯周病には気をつけてください。

せっかく行ったインプラントを維持するためにはケアが欠かせないわけで、インプラントの土台を維持するために、毎日の歯みがきと定期検診やクリーニングは手を抜くことができません。

もしも、インプラントの周りで腫れや出血があればインプラント周囲炎を疑ってください。

感染が重篤化する危険性があるので即刻診断を受ける必要があります。

人工歯根を骨に埋め込むことに、抵抗がある方もいるかもしれませんが、インプラントが金属アレルギーで入れられないことはまずありません。

人工歯根の材料として、チタンやセラミック、金といった人体への親和性が極めて高い素材を用いているのです。

インプラント治療はほぼ全て保険外治療であり、全額自費を覚悟しましょう。

ですから、経済的な負担を最低限にするためにも、金属アレルギーの患者さんは治療開始前に歯科医とよく話し合う方が不安なく進めていけるでしょう。

インプラント治療はかなりの技術を要するので、様々な点で、失敗が起きる可能性があります。

では、失敗はどのような問題を引き起こすかというと、人工歯根があごの骨に定着せず脱け落ちてしまう、力をかけたことで人工歯根や義歯が破損するといったインプラント本体の損傷、手術の後、あご周りの痛みや腫れが続くといった身体に関する問題、手術に失敗してあごのラインが変わってしまったという見た目の問題もあります。

問題が起こるリスクを軽減するためにも、歯科医はともかく慎重に決めてください。

徐々に市民権を得てきたインプラントですが、インプラントの処置後、以前と比べて息のニオイが気になるという話も割と少なくないようです。

そうなる理由として、インプラントと隣の歯の間などに食べかすが残って臭いを放ってしまう場合や、インプラント粘膜周囲炎や、それがさらに悪化したインプラント周囲炎になっている場合もあり、単なる口臭と侮れません。

そのようなケースでは、担当歯科にかかり、早期解決を図ることです。

例外はありますが、インプラント治療は保険適用になることはまずありません。

全額自己負担が普通ですが、しかし、医療費控除の対象ではあります。

手間はかかりますが、年一回の確定申告によって税金の還付を申告します。

確定申告で医療費控除を受けたい場合、治療のたびにもらっている領収書がお金を払った証明になるので絶対再発行されないと肝に銘じておき、暦年の1年分、しっかり取っておきましょう。

インプラント治療の大きな問題は、高額な負担を覚悟しなくてはならないことでしょう。

保険適用外のケースが圧倒的多数で、全て自由診療になることが当たり前ですからインプラントは何本埋め込むのか、失った歯何本分か、義歯などの材料は、などの要因で費用の差が出てきます。

また、自由診療なので、歯科医院ごとに費用が異なることも事実です。

加えて、治療後のメンテナンスにもお金がかかるという点にも注意が必要です。

どこの歯科医院でも、インプラントが適用されるのは、様々な事情から、他の治療が受けられない患者さんが受ける治療です。

周りの歯が、クラウンやブリッジの支えにはならない、入れ歯では噛み心地が満足できない、などのためインプラント治療を希望することになるという事情を、ほとんどの患者さんが抱えています。

入れ歯に比べ、インプラントでは歯根がある分だけ噛み心地は自然で、食感がしっかり伝わり、美味しく食べられるようになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です