スポッテッドナイフフィッシュと山下

年々利用者が増えてきたインプラント。

その施術とは、プラント(植える)という言葉のごとく、顎骨に穴を開けて、金属製の人工歯根を埋め込み、そして専用のパーツを用いて義歯を固定するという手術です。

入れ歯と比べて格段に手間がかかる分、自然に食べ物を噛むことができますし、見た目の美しさにも優れています。

インプラントの施術には、歯科医師に加えて、義歯を作る歯科技工士の熟練の技を置いて語れません。

それだけの技術が惜しげもなくつぎ込まれた高度な治療法ということであり、その分高額になっているのです。

長い治療期間を経てやっとインプラントが安定しても、安堵するのはまだ早いのです。

せっかく埋め込んだインプラントを長く維持できるかは、患者さん自身のケアにかかっているのです。

劣化させないための口内ケアを歯医者さんや衛生士さんが教えてくれますから、その通りのケアを心がけてください。

自宅での手入れが歯の維持には何より大切です。

さらに、インプラントにした部分には当然、自前の神経はないですので、口の中で何か異変が起きていても、なかなか気付きづらくなっています。

担当歯科医による定期的な経過観察を受けるようにしましょう。

技術の進歩した今では、インプラント手術を特に専門とする歯科医もおり、トラブルは減りましたが、とはいえ、残念ながらゼロにはなりません。

埋め込んだ人工歯根が骨と十分癒着していなかったりして、歯がグラついて違和感を覚えるなど、問題となる不具合が報告されています。

こうしたトラブルは、担当歯科医がインプラントに習熟していないことに起因することが多いといえます。

インプラント手術の経験と実績のある歯科で治療を受けるようにしましょう。

インプラントの特徴として虫歯の危険性は全くありませんが、歯周病には気をつけてください。

インプラント治療は、治療そのものよりその後のケアが重要で、歯周病にかからないために、毎日のセルフケアと定期的なメンテナンスは手を抜くことができません。

もしも、インプラントの周りで腫れや出血があれば歯周病の一種、インプラント周囲炎かもしれません。

感染が重篤化する危険性があるので一日でも早く歯科医の診療を受けましょう。

これはインプラント治療の大きなメリットですが、治療中でも、治療後もそれとわかることは本当に少ないという点です。

歯茎から生えているので、見た目も自分の歯に近く義歯に見えない自然さでこれは義歯だと自分から言わない限り、義歯だと気づかれることもいちいち考えなくて良くなります。

自然な見た目を重視している場合、優先したい治療方法ですね。

歯科治療のインプラントとブリッジ、どこが違うかといえば、そもそもインプラント治療とは何かというと、あごの骨に開けた穴に人工歯根(インプラント体)を埋入し、それが落ち着いたところで上に義歯をつけます。

ブリッジ治療では、義歯をつけるために欠損歯の両隣を一周削って、上にブリッジをかぶせます。

審美性を考えた場合、ほとんどの場合、インプラントが優るというべきでしょう。

ピンクゼリーてどうなの?口コミや販売店を徹底検証!
加えて、ブリッジ治療では、健康な歯をブリッジのために削ることを迫られる覚悟もしなければなりません。

インプラント埋入手術では局所麻酔を使います。

入院して手術することはまれです。

麻酔が効きにくいケースや、血液系や循環器系の持病があるケースでは入院して手術しなければならないケースもあります。

加えて、インプラントを支えるのに十分な骨の量がないとすれば、まず骨を形成する手術が必要です。

腸骨など自分の骨を削り出し、移植する場合、手術が二回以上になる場合や、入院する場合もあります。

自分が当てはまるという方は、信頼できる歯科医とよく話し合った上で、治療計画を立てていってください。

厳しい条件をクリアしない限り、インプラント治療は普通は保険適用外で、全て自己負担ですが、医療費控除で払ったお金を取り戻すことはできます。

手間はかかりますが、年一回の確定申告によってすでに収めた税金を取り戻す申告をします。

確定申告で忘れてはならないのは治療のたびにもらっている領収書が医療費の支払い証明になるのでもらったものはしっかり取っておいて保管しておくことをすすめます。

インプラント治療の成果を左右する生活習慣はいくつかありますが、その中でも喫煙の影響は小さくないと覚悟してください。

インプラント治療には数ヶ月、あるいはそれ以上かかる覚悟をしなければなりませんが、インプラントの周りがしっかり固まり、あごの骨と結びつくことが治療成功の絶対条件となります。

周辺組織を回復させるために、ニコチンも一酸化炭素も相当の妨げになります。

快適に使えるインプラントを手に入れたいなら、治療が無事終わるまでの間と思ってがんばって禁煙に励みましょう。

虫歯をひどくしてしまい、結局、歯を抜くことになってしまいました。

ブリッジでもいいですよと言われましたがこのような場合、インプラントにもできますと説明され治療を受ける決心がつきました。

自費診療なので、かなりの額になりますが自分の歯に近い使用感があるとのことでした。

治療後、噛めるようになると、ほどなく隣の歯と同じように使えたので歯医者さんに言われたとおりだと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です