神谷と濱田

これはインプラント治療の大きなメリットですが、仮歯を入れてから、義歯だといわれることはたぶんないでしょう。

根元から再生しているので、見た目は自分の歯と同じようにとってつけた感じにならず、これは義歯だと自分から言わない限り、もしかしたら義歯かと思われる心配もまずないと思って良いでしょう。

義歯だと思われたくない方にはおすすめしたい治療法です。

インプラント治療を希望する代表例として、他の健全な歯を傷つけるのは避けたいなどの要望があるケースです。

例えば、ブリッジ治療をするためには両隣の歯を支えにするため、一回り削る必要がありますが、インプラントはあごの骨に歯根を埋入するので、失った歯のみに働きかける治療と言えます。

他の歯に影響を与えずに、失った歯を再生したいと考えている患者さんには、インプラント治療を優先して良いでしょう。

ごく普通の歯科医院で、外来診療を受けての特殊な施術を伴わないインプラント治療であったとしてもどうしても院内感染のリスクは伴います。

その点を踏まえ、歯科医院選びのときに、院内感染対策をどうしているかきちんと知ることが治療の成否に関わる問題です。

院内感染防止の対策をきちんとホームページに載せている歯科医院も当たり前のようになっていますから、まずはそこを見てください。

いろいろな事情からインプラント治療を始めるでしょうが、どのくらい費用がかかるか心配だと思います。

実は、かかる費用は歯科医院それぞれで差があると考えるべきです。

なぜなら、インプラントは保険適用外がほとんどで、金額は歯科医院次第です。

それでも、相場はあると言えます。

インプラント一本の場合、安くて30万円ほど、高ければ50万円ほどが相場だと押さえておきましょう。

人工歯としてのインプラントは虫歯になる可能性はゼロですが、インプラント周囲の組織に異常が起こることはあります。

インプラントを維持するポイントは日頃のケアにあり、歯周病にかからないために、毎日のセルフケアと定期的なメンテナンスを忘れることはできません。

しかし、インプラントを入れたところに腫れや出血がみられた場合、インプラント周囲炎を疑ってください。

さらに深いところまで感染する可能性もあるため一日でも早く歯科医の診療を受けましょう。

最近よく耳にするインプラントは、歯を抜いた、あるいは抜けた後で、人工歯根をあごの骨に埋め込んで、その上に義歯をかぶせる義歯と人工歯根のことです。

インプラントはブリッジや入れ歯とは全く違う治療法です。

ゼファルリンの口コミが凄い!効果は本当か?
インプラントだと歯根部から強固にあごの骨に埋まっているため強度や使用感が天然歯に近く、他の歯に負担をかけずに、長く使い続けられます。

現状では、インプラント治療は全て自費診療となるのでその治療にはどうしてもお金がかかります。

インプラント治療を始める前には、これまでの歯科や口腔外科での病歴を見直し、あごの骨の状態を確認し、治療ができるかどうか知ることが大事です。

既往症に歯周病、顎関節症があるとすれば、治療開始前に既往症を完全に治しておくのは必須です。

それから、美容整形や外傷といった、あごの骨に手を加えた経験がある方もリスクを背負っています。

ただし、これらの既往症があっても絶対治療できないとは言えません。

不安がなくなるよう歯科医に相談してください。

他の歯科治療同様、インプラント治療で大事なのは自分にとって最良の歯科医を見つけられるかどうかです。

治療に必要な技術を身につけていることはもちろんですが、どのような検査を行って、検査の結果をどう見るか、手術後のアフターケアはどうかなどで全ては歯科医の裁量にかかっており差は大きいと断言できます。

この治療は、歯科医の技量が、治療成績を大きく左右する治療法だと考えて欲しいのです。

良く検討した上で、歯科医を選ぶことがインプラント治療の結果を左右するのです。

人工歯根をあごの骨に埋め込むのがインプラント埋入手術ですから、手術後しばらくの間、患者さんは違和感を生じるのが当たり前の反応です。

数日たって腫れが引けば、だいぶなじんできますから腫れているところや縫ったところを舌などで刺激しないようひたすら辛抱が大事です。

もしも、十日以上経っても浮いた感じが治まらない場合や、痛みが激しかったり、腫れや出血が治まらなかったりする場合は、原因を突き止め、治療しなくてはなりません。

指示された検診日の前でも、歯科医に診てもらってください。

インプラントとクラウンがどう違うかというと、自分の歯根を使えるかどうかの問題です。

差し歯は無理で、義歯が必要になっても、根のケア次第で上から冠のような形のクラウン治療が可能になります。

これに対し、抜歯した後は、まず考えられるのは入れ歯ですが、その他に義歯の土台として人工歯根をあごの骨に埋入するインプラント治療を選ぶこともできます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です