長七郎が新垣

インプラント埋入手術では局所麻酔を使います。

麻酔のために入院することはまずありません。

ただし、糖尿病や心疾患など、麻酔や出血に関わる持病がある場合は入院して手術しなければならないケースもあります。

また、インプラントを埋入するあごの骨の厚みがない場合は、厚みを増すための治療が必要で、骨移植も考えられます。

腸骨などの自家骨を採取し、骨が薄いところに移植するという手術では、手術が二回以上になる場合や、入院する場合もあります。

これらのどこかに当てはまる方は治療は主治医とよく話し合い、計画的に進めていってください。

様々な条件によって、インプラント適用になるとは限らず、レントゲンやCT検査の結果、その先へ進めないこともあります。

しかし、理由として「あごの骨に十分な厚みがない」ことや「あごの骨の幅が足りない」ということならばまだあきらめなくて良いかもしれません。

最新設備を駆使して、腕のある歯科医が治療すればそれまでインプラントは適用されなかったケースも治療できるところが増えてきました。

現状での最先端治療が受けられるよう、できる範囲で探すことを勧めます。

典型的なインプラント治療は、段階が大きく3つに分かれます。

まずは人工歯根をあごの骨に埋め込みます。

あごの骨、及び周辺組織と人工歯根がなじみ、定着するのを待ちます。

それからアタッチメントという連結部分をはめ込み、義歯をつける、という段階を踏みます。

長くかかるのは、二番目の人工歯根の定着で、もちろん、いろいろなケースがありますが、2ヶ月くらいは最低でもかかり、長い場合は6ヶ月ほどかかるのが普通です。

仮歯を取って、義歯を入れるのをゴールと考えると、治療開始から要する期間は短くて3ヶ月、長くても10ヶ月くらいだと考えて良いでしょう。

初めてインプラントの説明を聞いた人は、差し歯とどう違うのか疑問に思うかもしれません。

読んで字の如く、歯の中に人工歯の土台を差し込むのが差し歯です。

天然の歯や歯根を利用して、そこに金属の土台を埋め込みます。

そのため、歯そのものを抜いてしまうと、埋め込む所がないので使えません。

対して、インプラントは差し歯と異なり、あごの骨にドリルで穴をあけて、金属製の人工の歯根を埋め込み、そうして出来た土台の上に義歯を接続して固定するという技術です。

差し歯と比べて高額なのは悩み所ですが、抜歯などで歯を失っている場合にも義歯を作れるのが、インプラントの利点なのです。

入れ歯では噛んだ感じがしない方や、あるいは入れ歯だと見た目が気になるという方に適用されるのがインプラント治療です。

人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、その上にセラミックなどでできた人工歯をかぶせます。

費用がかかることは確かですが周囲にもそれと気づかれにくく、自分の歯と同じように使えるので、食事も美味しいと思えます。

どうしても外見や噛み心地を譲れない方にふさわしい治療です。

現在、インプラントの人工歯根はチタンが多くなっています。

骨になじんで比較的安定しやすいため、金属アレルギーも起こりにくい素材の一つです。

治療を始めるにあたっては頭部CT、あご周辺のレントゲン、口腔内検査といった検査を一通り行い、治療方針を決めてから本格的な治療がスタートするので安心して治療を受けることができます。

それから、治療後には、メンテナンスを積極的に患者が歯科医と連携しながら行っていけば安全で、快適な使用が続くことを期待できます。

デルメッドしみに効くから美白になれる|お試しでデルメッドトライアルセットもあります
インプラント治療のほとんどが全部自費治療ですから、高額の費用を一度に用意できない方もまだまだ多いのです。

しかし、クレジットカードの分割払いや、いわゆるデンタルローンのような独自の分割払いを取り入れた歯科医院が増えています。

手持ちの資金が十分でなくても、受けたい治療を受けることが十分可能になりました。

インプラントの手術してからしばらくの間、周囲の歯に違和感が出てくることがあるでしょう。

これは、人工物を埋め込んで付近の歯の神経も刺激を受け、反応したためでインプラントがなじんでくるのと同時に、落ち着いてくることが自然な流れです。

しかし、他の原因から生じることもあるので、治療中に異変を感じたら間を置かず歯科医の診療を受けることに努めましょう。

高額なインプラントは、一体何年くらいもつのかというと、長期間の使用例が少ないため定説になっていませんが、日頃のケアと、定期的なメンテナンスによって自分の歯と同じくらい保つと考えていいようです。

そうだとすれば、セルフケアと歯科医のケアによって長い間自分の歯と同じように使えますが、セルフケアの手を緩めるとインプラントの維持が難しくなってしまうということを肝に銘じておくべきです。

他の歯科治療と、インプラント治療が大きく異なるのは失敗してもやり直しできないことが多い点です。

自分の歯にかぶせるクラウンやブリッジと異なりインプラントをあごの骨に埋入し、組織を作って定着させる治療なのでインプラントと骨の間に自前の組織が形成されず、インプラントの定着がみられなかった場合、普通は再手術しか手段はなく、骨を深く削る大がかりなことになってしまいます。

そして、インプラントの埋入にはあごの骨を削るので、周辺の神経を損傷する危険性もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です