ザッシュのゆずポン

インプラントは歯根部がチタン製であることが多く、骨と一体化して安定した歯根となりやすく金属アレルギーも起こりにくい素材の一つです。

インプラント治療開始前にはCTや、レントゲン、口腔内検査といった頭部全体の検査を綿密に行い、その上で治療方針を決めて治療に取りかかるため安心して治療を受けることができます。

そして、治療終了後のメンテナンスを積極的に患者が歯科医と連携しながら行っていけば安全で、快適な使用が続くことを期待できます。

一度埋め込んだインプラントの使用可能年数は、基本的に一生と説明されることが多いようですが、現実には、治療終了後の定期的なメインテナンスや、治療を担当した歯科医の腕にも影響されるようです。

オンリーミネラルの化粧品はネットでも大人気!
当然、自分自身でも口腔内のケアを続けなければ、せっかくのインプラントもすぐに劣化してしまいます。

加えて、歯槽膿漏などの病気を起こしてしまうと、インプラントを埋め込んでいる顎の骨にも影響しますから、それだけインプラントの使用可能年数も短くなってしまいます。

インプラント埋入手術の後、気をつけることですが、極力安静を保って生活を送ってください。

日常生活には極端な制限はありませんが、普通の生活を上回る強度の運動はしばらく行わないようにしましょう。

血行が良くなることで、出血がおさまらなくなることもあります。

負荷のかかる運動を日常的に行っている場合、いつから再開して良いか、歯科医と確認しておきましょう。

現状では、インプラント治療のほとんどは自費となるため費用を払いきれるかどうか心配になる方も決して少なくありません。

クレジットカード利用ができる歯科医院や、デンタルローンなどの名前をつけて信販会社のローン商品を使える歯科医院が増え、柔軟な対応ができるようになっています。

治療開始時に費用を全て現金で用意できなくても、インプラント治療の開始はできるケースが増えました。

理由は様々ですが、希望すれば必ずインプラント治療を受けられるとは限らず、レントゲンやCT検査の結果、その先へ進めないこともあります。

ただ、「骨の厚みが足りない」や「インプラントと義歯を入れるだけのあごの余裕がない」といったことであれば治療をあきらめるのはまだ早いのではないでしょうか。

最新の設備を備えた歯科医院で、技術を持った歯科医にかかれば少し前なら、インプラント治療はできなかったケースでも相当数が治療できるようになってきました。

よく調べて、最先端の治療が受けられる歯科医院を探すことを勧めます。

典型的なインプラント治療は、3ステップあると考えてください。

第一に、歯茎を切り開き、あごの骨を削って人工歯根を埋め込む、それからあごの骨や周辺組織と人工歯根がしっかり結びつくのを待ち、それからアタッチメントという連結部分をはめ込み、義歯をつける、というプロセスをたどります。

どこに時間がかかるかというと、インプラントの埋入後、周りの組織となじんで骨に結びつくまででもちろん、いろいろなケースがありますが、2ヶ月くらいは最低でもかかり、長い場合は6ヶ月ほどかかるのが普通です。

このため、インプラント治療を始めてから義歯を使えるようになるまで、要する期間は短くて3ヶ月、長くても10ヶ月くらいだと考えて良いでしょう。

インプラントが虫歯になることは絶対ありませんが、だからといって治療後はほっておいていいと思ったら大間違いです。

インプラントを維持するためには、小さな異変でも放っておけませんし、食べかすを残しておくと歯茎の炎症を起こし当たり前のことながら、歯周病の危険性もあります。

残っている自分の歯と同じく、歯科医や衛生士の指導に従って、完璧なセルフケアを目指してください。

また、定期的な歯科医のメンテナンスが絶対欠かせません。

人工歯としてのインプラントは自分の歯に近い感じで噛めるので、歯が取れる心配をせずにガムを噛めるのも、けっこう大事なメリットの一つです。

上からかぶせて人工歯を作ったのと異なり、歯根はねじのような形状で骨に埋め込まれており、歯が取れるのではと心配する必要はありません。

ガムを噛んだ程度では、インプラント全体は全く影響を受けないほどに強いものでもあります。

もちろん、キシリトールガムも大丈夫です。

利点も多いインプラントですが、治療を受ける際に多くの方が心配されるのが、術後の腫れではないでしょうか。

とはいえ、手術を担当する歯科医の技術や、患者さん自身のコンディションにもよるので、必ずしもこうなるとは言えず、腫れるか腫れないかは人それぞれとしか言いようがありません。

歯科で鎮痛剤の処方を受け、冷やすなどの処置が考えられますが、それを経ても腫れがなかなか引かないという時は、我慢せずすぐに歯医者さんに行きましょう。

入れ歯では噛んだ感じがしない方や、または単純に入れ歯は嫌という方にはぴったりくるのはインプラントです。

外科的手術によって人工歯根をあごの骨に埋め込み、さらに上部体という人工歯の部分をかぶせる治療で、保険適用の入れ歯よりもお高くなりますが入れ歯よりも見た目の自然さに優り、噛み心地が自分の歯に近く、食べ物も美味しく噛めます。

見た目が気になる、あるいは自分の歯と同じような使用感を追い求めるならば、インプラント治療を選ぶべきです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です