ゆうと大村

どんな治療でもそうですが、インプラント治療で重要なことは自分にとって一番良い治療をしてくれる歯科医を見つけることです。
シミウスってどうなの?でもネットでも話題だよね!

治療に必要な技術を身につけていることはもちろんですが、手術に至るまでの検査や治療、術後のアフターケアなどの点で全ては歯科医の裁量にかかっており大きく違ってくると言うべきです。

この治療は、歯科医の技量による治療の成否が出やすい治療法なのは明らかで、できる限りよく調べて、歯科医を決めることが治療全体の大きな部分を占めます。

どこの歯科医院でも、インプラントが適用されるのは、治療の選択肢がそれしかない患者さんにお薦めします。

クラウンとかブリッジをかぶせる自分の歯がない、入れ歯だと噛む力が十分得られないなどの理由でインプラント治療を選ぶしかないという患者さんに適用されるのが普通です。

インプラントと入れ歯との違いが気になるところですが、インプラントの場合、自分の歯に近い噛み心地が得られ、食感がしっかり伝わり、美味しく食べられるようになります。

皆さんがインプラント治療をためらう原因といえば、費用がかさむことに尽きます。

保険適用のケースはほとんどなく、全て自由診療になることが当たり前ですからインプラントは何本埋め込むのか、失った歯何本分か、義歯などの材料は、などの要因で一概に費用を決められませんし、どの歯科医院を選ぶかによっても費用が異なることはもちろんです。

治療が終わっても、ずっと定期検診があることも念頭に置きましょう。

インプラントが虫歯になることは絶対ありませんが、だからといってお手入れなしで長持ちすると思ったら大間違いです。

特に人工歯根に異変があったら、すぐに診てもらわなくてはなりません。

食べかすが歯垢となり、炎症を起こすと歯周病を引き起こすこともあるのです。

残っている自分の歯と同じく、必要なお手入れをきちんと指導してもらい、毎日のケアで口腔内の清潔を維持してください。

また、定期的な歯科医のメンテナンスが絶対欠かせません。

利点も多いインプラントですが、治療を受ける際に多くの方が心配されるのが、術後の腫れではないでしょうか。

腫れについては、インプラント治療を担当する歯科医師の技術のほか、免疫力の低下など、体調の影響も如実に受けるので、絶対的なことは言えないのが実情であり、人と状況によりけりなのです。

歯科で出してもらった痛み止めを飲んで、冷やすなどの処置が考えられますが、それを経ても痛みの治まる気配がないときは、すぐに担当医にかかり、診察を受けてください。

歯科医にインプラント治療をすすめられるケースとしては、他の健全な歯を傷つけるのは避けたいと、患者が考えている場合です。

ブリッジ治療で考えると、両隣の歯を支えにするため、一回り削る必要がありますが、これに対しインプラント治療は、失った歯に見合った人工歯根を骨に埋めていくため、該当する歯の分だけ治療することになります。

他の歯を削って義歯を入れるのは抵抗があると考えている患者さんには、他の治療法よりもインプラント治療がしっくりくると思います。

本当に選りすぐりのインプラント専門の歯科医の治療を受けようとすれば海外に渡ってでも治療を受けることも考えるべきです。

インプラント治療は北欧諸国が特に進んでおり、世界各国から集まった歯科医が、研修して技術を身につけています。

困難な条件に負けず、一生使える歯を求めるならそう簡単に断念せず、全力で、あらゆる方面から情報を集めてみるしかありません。

インプラント治療では人工物を骨に埋入しますが、金属アレルギーが問題になることはほとんどありません。

骨に埋入する部分はほとんどチタン製で、その上もセラミックや金など人体への親和性が極めて高い素材を使っているためです。

インプラント治療は基本的に保険外治療で全額自費と考えてください。

ですから、不安を取り除くためにも、金属アレルギーを持つ患者さんは遅くとも手術の前までに、歯科医に確認しておくと一番良いでしょう。

インプラントの技術が確立されてきた現在では、医療スタッフもインプラントに慣れてきて、失敗は少なくなったようですが、確率は低いながら、今でも不具合の起こることはあります。

人工歯根とその上の義歯の接続が不十分で、歯がグラついて違和感を覚えるなどといったトラブルの事例もあるようです。

こうしたトラブルは、担当歯科医がインプラントに習熟していないことに原因があると言ってよいでしょう。

なるべくなら、インプラントを専門としている歯科を選ぶといいでしょう。

ネットのレビューなども参考になります。

希望すれば誰でも、インプラント治療を受けられるとは言えず検査の結果を見て、これ以上の治療はできないといわれることもあるでしょう。

ですが、理由に挙げられたのが「骨の量が足りない」などや、「あごの骨のサイズが足りず、インプラントを入れられない」であれば治療を断念するのは早すぎるかもしれません。

歯科医の腕と設備次第で、以前なら、インプラント治療は不可能とされていた症例でも治療ができるようになっています。

よく調べて、最先端の治療が受けられる歯科医院を十分調べてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です