美子(よしこ)だけどブルーワグムーンプラティ

現在、インプラントの人工歯根はチタンが多くなっています。

骨と一体化して安定した歯根となりやすくアレルギーも起こりにくいとされています。

もちろん、治療を始める前にはCT検査、レントゲン検査、口腔内検査などいろいろな検査を実施し、その結果を見て本格的に治療をすすめていくので患者も納得し、安心して治療を開始できます。

一通りの治療が終わったあとは、メンテナンスを定期的に行っていくことで、安全で、快適な使用が続くことを期待できます。

インプラント治療も医療行為ですが、保険適用になることはまずありません。

全額自己負担が普通ですが、医療費控除は受けられるので、覚えておきましょう。

医療費控除は職場の年末控除の対象ではなく、個人で確定申告をして医療費を収入から引くサービスを受けられます。

確定申告で忘れてはならないのは治療のたびにもらっている領収書が医療費を払った唯一の証明ですからなくしたり、レシートの印字が消えたりというミスがないよう暦年単位で、大事に保管しておきましょう。

言うまでもなく、インプラントにすれば虫歯になりませんが、メンテナンスは自分の歯より楽と考えてはいけません。

特に人工歯根に異変があったら、すぐに診てもらわなくてはなりません。

自身の歯と同様、プラークコントロールができていないと当たり前のことながら、歯周病の危険性もあります。

インプラント以外の自分の歯と同じように歯科医に指示されたブラシなどがあればそれも使い、セルフケアは欠かさないようにしましょう。

その上で、定期的に歯科医院でメンテナンスをしてもらえば完璧です。

欠損した歯の数が少ない場合、インプラントとブリッジで迷うことがあります。

インプラント治療は、あごの骨を掘って、人工歯根を埋入し、歯根が固定されるのを待って義歯をかぶせます。

ブリッジ治療では、義歯をつけるために欠損歯の両隣を支柱のように削り、上からブリッジをかぶせるのです。

見た目の問題を考えるとインプラントとブリッジを比較して、インプラントの方が優位に立ちます。

ブリッジ治療では、両隣の歯は橋の支柱のように削ることになるという覚悟もしなければなりません。

人工歯としてのインプラントはしっかりと噛むことができ、ガムを噛むときに余計な心配がいらないのはありがたみを実感する点です。

自分の歯の上から人工歯をかぶせたブリッジや入れ歯と異なり、歯根をあごの骨にしっかり埋め込んでいるので歯が取れる心配をしながら、ガムを噛むこともありません。

ガムを噛んだ程度では、インプラント全体は全く影響を受けないほどにしっかりした構造になっています。

もう、こわごわキシリトールガムを噛むこともないのです。

もぎたて生スムージーでダイエット効果を最大限発揮!
新たな歯科医療の形として期待が持たれるインプラントですが、治療を受けるにあたって、歯茎が腫れてくるのではと気にされる方も多いでしょう。

その点は、担当医の技量に加え、免疫力の低下など、体調の影響も如実に受けるので、どうなると言い切ることはできず、結局は人それぞれで異なると言うしかありません。

担当医の指示通りに痛み止めを服用し、腫れたところを冷やせば治ることもありますが、数日にわたって痛みが続いているなどの場合は、すぐに担当医にかかり、診察を受けてください。

一般的にはインプラント埋入手術を日帰りで行います。

使われるのは部分麻酔で、全身麻酔になることはほとんどありません。

ただし、糖尿病や心疾患など、麻酔や出血に関わる持病がある場合は安全を期すため、入院を求められることもあります。

あるいは、インプラントの土台になるだけの厚みを持った骨がない場合は、厚みを増すための治療が必要で、骨移植も考えられます。

腸骨など自家骨の移植手術であれば手術が二回以上になる場合や、入院する場合もあります。

このような難しい治療を行う場合、治療は主治医とよく話し合い、計画的に進めていってください。

現在ではインプラント治療も一般化してきましたが、インプラントを使い始めてから、前はしなかった口臭がするようになったということも一部で見られます。

これはなぜでしょうか。

一つには、義歯と歯茎の間に溜まった食べ物が口臭の元となっていたり、それに加えて、インプラント周囲炎という歯周病に似た症状を発症しているケースもあり得るのです。

ひょっとして、と思ったら、早期に診察してもらうことが大切です。

歯科治療は全て同じですが、インプラント治療は治療が終われば後はほっておいて良いわけはなく、アフターケアが寿命を決定します。

毎日、しっかりブラッシングすることでプラークコントロールを継続した上で歯科医の検診を定期的に受け、歯科医や衛生士に指導してもらうことが必須条件です。

インプラント自体は人工歯ですが、ケアが行き届かなくなるといずれ歯周炎などを引き起こすことになります。

喫煙が、インプラント治療の成否に及ぼす影響は小さくないと覚悟してください。

インプラント治療には数ヶ月、あるいはそれ以上かかる覚悟をしなければなりませんが、埋入手術後、周辺組織が回復して、人工歯根とあごの骨がしっかりつながることが次のステップに進むための条件です。

組織の形成には、タバコのニコチン、一酸化炭素などが例外なく阻害する働きをします。

インプラント治療を順調に終えようとするなら、治療が無事終わるまでの間と思ってしっかり禁煙するべきでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です